FC2ブログ
 

最近の仕事で

本当に昨日描いたばかりの仕事用のイラストです。
止め絵なので下書きはデジタルで描いてみることにしました。

にこにこ動画みたりしながらダラダラと作業して(絵自体は本気で描いています)下書きから完成まで大体一キャラ3時間かかったかどうかという感じです
もっと早く描けた気もしますが版権の仕事なのでレイアウトとはいえある程度丁寧に作業したというのもあり
今のところだとまあこんなところかなと(・。・;

今回改めて感じたデジタル作業のメリットとデメリットを記載しておきたいと思います

メリット
・ブログでは容量の関係上縮小をかけていますがイラストの元のサイズはB3サイズで作画しました、紙と鉛筆で作業すると大きい紙に描くので全体のバランスをとったりと、描くこと自体が結構大変だったりしますが、デジタルだと簡単に全体を見ながら作業できるのでこれはかなり優れたメリットの一つだと思います。

・レイヤー分けをしながら描いたりクリック一つで簡単にやり直しができたり、体の一部分のバランスが悪いかなと思ってもそこだけ選択範囲をかけて縮小・拡大・切り貼りができるのでこの辺はデジタルならではの便利さです

・デジタルだとキャラクターなどの影付け色を簡単にべた塗りできるので色合い・色の範囲が及ぼす絵のバランスを把握しやすく完成形が見えやすいのは非常に便利だと思いました、紙と鉛筆だと実際色が付いた場合の完成形が見えづらいことも多いですが
デジタルだと自分の想像と完成形の誤差が少なくなると感じました。
_________________________________________________________________________________
デメリット
・絵は0.1ミリ単位の微妙なニュアンスで全然印象が変わるものなので紙と鉛筆ならば自分のイメージしたところに間違いなく線を引くことができるのですが、デジタルだとその自分がイメージした線のニュアンスを引く事が非常に難しいです。 デジタル作画だと実際に触れるペン先部分と表示画面の間に薄いガラスが一枚あるために起こる微妙な誤差が原因ですがこればかりはもう慣れるしかない問題であると同時にアナログとデジタルで一番の問題はこの描いたときの違和感を最終的になくすことができるか・・これに尽きると思います

・鉛筆ならではのかっこよく勢いがあるアナログチックな線をデジタルで引こうとするにはまだまだ研究が必要であると思いました

・便利な機能が多いですが使いこなすには覚えることも非常に多くそれによって時間もかかる&ハイスペックなパソコンが必要になる(以前いった講演ではCPUはi7 メモリは16G グラボも出来ればよいものを使うのが理想だそうです ちなみに僕のスペックはi3 メモリ16G グラボ GTX650 と、メモリ以外はかなりのロースペックになります(笑 現状僕がパソコンでしている作業に関しては不都合は全然ないんですがそろそろ新しいパソコン購入も検討していたりします('ω')

ってな感じです(@v@;

園子完成
銀(体ラフ参考あり
銀(完成)
鷲尾体ラフ参考あり
鷲尾完成
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR