FC2ブログ
 

打ち上げで

お世話になった総作監さんから打ち上げカモンッ!と誘っていただいたので
昨日久しぶりに打ち上げに行ってきました
つい最近丁度ニコニコでガンダムのプラモデルを作っている動画を見たので「何か久しぶりに作ってみたいなー」と思っていた所
抽選会で丁度以下のプラモデルと猫が寝っ転がってる可愛いプレイマットをセットでいただきました!
わーい!
やっぱり今回も抽選会何かしら当たったな!ぐへへーとか思いつつなんだか今年は前年より色々当たりそうな気がしてきたので
普段はあまりいかない打ち上げにもしょっちゅう顔出そうかなと思いました ぐへへー

(去年唯一逃してしまったのはPS4がもらえる決勝に私と打ち上げに来ていた声優さんの残り二人にまで勝ち登ったのですが
PS4は声優当たってしまいました;。; その後青汁が一箱当たりはしましたがこれはゲームも良いけど健康には気を付けなさいと言う天からの忠告だったのかもれないですね)

当たったプラモデル

今年大変そうな気もするけど前年度より更に運気アップしてる気がします!
スポンサーサイト



 

今よりも

基本的には
もっと絵の線を減らす

☆それすなわち輪郭で立体感をだす絵を描くようにする
☆影を必要最小限にする(まずは立体感で通じる絵を描いてその後に作品や表現方法によって影の表現・追加をする)

 

ジブリが使っていたアニメ制作ソフトが無料

ジブリがアニメ制作に使っていたOpenToonz
が無料公開されましたね
ちゃんとした説明書も用意されていて尚且つソフトの方も日本語化可能なので使いこなせれば他のアニメ作成ソフトは必要ないかもしれないですね(太っ腹!)
またオープンソースという事でプラグイン等もかなりあるみたいでこれはかなり有能なアニメ作成ソフトなのではないでしょうか

有償所のメジャーアニメ作成ソフトといえば今の所やはりRETASでしょうか
ただ最近ではクリップスタジオもRETASで培ったアニメ作成機能が追加されたりRETASとの互換性もあったりと
もともとクリップスタジオの絵描きソフトとしてのポテンシャルも含め、周りではRETASよりクリップスタジオをアニメの仕事に使っている人も多数います。

フリーだと今回紹介したOpenToonzとAzpainterが有名なのではないでしょうか
Azpainterを触った事があるのですがとても取っつきやすく分かりやすいのが魅力的だなと感じました。

と、いう所で今回は以上です プロが使ってるアニメ作成ソフトが無料公開なんてすごい時代になりました(・。・;
 

深夜お風呂に入っている時唐突に思いつく

今仕事で新アニメの主人公の武器の変形ギミックのデザインを受けていて
ついさっきまでいかに『変形のかっこ良いそれっぽさを出しつつも複雑になりすぎないようにしなければいけない』と考えいたのですが
お風呂の中で『デザインを複雑にするよりも短いカット割りたくさん増やした方がかっこよさも見栄えも、そして何より複雑さも展開の速さでカバーできるのではないか?』と気が付いたのです。

砕いて説明いたしますとこうです

テンポ良い短いカット割りの中で変形させることによって長尺の変形よりも作画が複雑にならなくなる。長尺だとどうしてもセル重ねが複雑になり作画的には負担が大きいのですが、短いカット割りのなかで少しずつ各部署のギミックを動かす事によってセル重ねはシンプルになりかつみているほうには展開が早いのでシンプルな変形にしても演出的に見栄えがよく視聴者に考えや思考まとめられる前に格好良さだけを感覚的に残す事ができるのではないか?と、いうものです。

また短いカット割りを増やす事で途中で武器の展開を変える事や新しいギミックの追加カット入れやすくなる(長尺で複雑な変形だと
追加ギミックを導入するたびにセル重ねの追加やタイムシートの変更が複雑化してしまうからです)

何故唐突にこれを思いついたのかと言うと
実はつい最近某変身アニメのBANKを描いたのですがスケジュールがあまりにもなかったため渡されたコンテの長尺部分を
このスケジュールでするのは大変だと感じ上記のような提案を演出さんにしてみたのです
そしてこの案を演出さんに提示して確認を取った所
演出さんからも『描きやすい方法で好きにして頂いて全然大丈夫です!^^b』と了解を得ましたので
上記の内容を実行して見た所非常に好評で見栄えも十分だったのです。

こんな一応実戦でも経験したので多分武器の変形もいけるんじゃないかなーとお風呂で唐突に思い出したのでした・。・;
うまくいきますよーに
 

毎日何か地味にゲーム消化していこうと思いマウス・。・;

何にしよう・・
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR